ガチホって何の意味? | 仮想通貨・ビットコインの教科書

ガチホって何の意味?

ガチホ

仮想通貨界隈ではよく「ガチホ」という言葉を使います。もともと英語やカタカナ用語が多いですが、ガチホに関しては何か日本語が混じってますねw

ガチホとはガチでホールド

ガチホとは「ガチでホールド」の略になります。つまり、暴落などがあっても利確や売却をせず保有し続けることなのです。特に古くから仮想通貨を持っている人たちはなんども暴落を経験しているので売ることもなくガチホで持ち続けることが多いのです。

ガチホの使い方

「もちろんガチホでチャンスがあれば買い増しだ!」

「ガチホしてればプラスになるよ」
(含み損状態の人へ言う言葉)

「ガチホあるのみ!!」

ぜひ使ってみてくださいね!

今すぐ登録したい国内仮想通貨取引所3つ

QUOINEX

特徴:ICO通貨QASHが高騰中!


取り扱い通貨
Bitcoin(BTC),BitcoinCash(BCH),Ethereum(ETH),QASH(QASH)
※NEM,XRP取り扱い予定!

Zaif

特徴:NEMやMONAなどの人気トークンが買える!

取り扱い通貨
Bitcoin(BTC),BitcoinCash(BCH),Ethereum(ETH),NEM(XEM),MONA(MONA),Zaifトークン(ZAIF),PEPECASH(PEPE),XCP(XCP)他

bitflyer

特徴:取引ツールが充実!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今話題のアルトコインが買える海外の仮想通貨取引所

binance(バイナンス)

特徴:1月7日より新規登録再開!(1日の登録上限あり)
BINANCE

Kucoin(クーコイン)

特徴:これから価格上昇が見込めるアルトコインが豊富
Kucoin

HitBTC

特徴:大手の取引所にない仮想通貨が多くラインナップされている取引所
HitBTC

Yobit

特徴:草コインが多く、無料でコインがもらえたり独自のサービスを提供する取引所
Yobit

フォローする