”ビットコインが詰まっている”って何が詰まっているの? | 仮想通貨・ビットコインの教科書

”ビットコインが詰まっている”って何が詰まっているの?

ビットコインが詰まる

最近「ビットコインが詰まっている」という言葉を見かけます。仮想通貨であるビットコインが詰まる?ってちょっと不思議な表現ですよね。

この詰まるとは一体何を指すのか簡単にご説明していきましょう(^o^)

ビットコインの送金にはマイナーが不可欠

ビットコインをウォレットから取引所に送ったり、ウォレット同士で送る際にその送受信が正しいかをマイナーが計算しています。これは悪意のある第3者が改ざんできない仕組みとして仮想通貨ならではの技術です。

しかしもしマイナーが処理できる数以上に多くの人がビットコインを送りたいと殺到した場合、どうなるでしょうか?ブロックチェーンは名前の通り取引を鎖のように「繋げる」わけですから一気に処理はできません。そうすると順番に処理していくので後からビットコインを送った人はその処理が終わらないと届かないことになります。

つまり、送られたビットコインの承認作業の処理がまだされてなくて順番待ちのことを「詰まる」と言われるのです。

ビットコインの手数料を上げると早くなる?

ビットコインが詰まるというのはみんなが一斉に送受信することで発生するのですが、世界中で仮想通貨の取引を行うようになった現在ではよく起きています。

特に送信手数料を低く設定した場合は数日届かないなんてことがあり、この場合は送信手数料を高く設定することで早く送信できることもできます。なぜかと言うと送信手数料はマイナーのマイニング報酬に影響しますから、マイナーとしても手数料の高いものから順番に処理するのです。

一方でこの手数料の高騰により一回の送信手数料が数千円となることもあり、ホントにエコなのかという議論もあります。

ビットコインがどれくらい詰まっているか確認する方法

今ビットコインの送信で詰まっている=未承認の取引がどれくらいあるかは誰でも確認することができます。

ビットコイン詰まる
https://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions

大体17~18万件の未承認だとそれ程時間かからずに送信されますが、27万件を超えてくると明らかに届くのが遅くなるので注意が必要です。

ビットコインの”詰まり”に備えるには?

ビットコインの詰まる時は相場の急騰、急落と大きく動くときです。もしトレードで取引所に送るのが目的だった場合は機会損失に繋がります。

その場合は事前に最低限のビットコインを各取引所に保持しておきましょう。大きな単位で購入することはできませんが、送信に時間がかかり着金した時には買い時を失ってしまい高い送信手数料だけ取られてしまったということを避けることはできます。

今すぐ登録したい国内仮想通貨取引所3つ

QUOINEX

特徴:ICO通貨QASHが高騰中!


取り扱い通貨
Bitcoin(BTC),BitcoinCash(BCH),Ethereum(ETH),QASH(QASH)
※NEM,XRP取り扱い予定!

Zaif

特徴:NEMやMONAなどの人気トークンが買える!

取り扱い通貨
Bitcoin(BTC),BitcoinCash(BCH),Ethereum(ETH),NEM(XEM),MONA(MONA),Zaifトークン(ZAIF),PEPECASH(PEPE),XCP(XCP)他

bitflyer

特徴:取引ツールが充実!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今話題のアルトコインが買える海外の仮想通貨取引所

binance(バイナンス)

特徴:1月7日より新規登録再開!(1日の登録上限あり)
BINANCE

Kucoin(クーコイン)

特徴:これから価格上昇が見込めるアルトコインが豊富
Kucoin

HitBTC

特徴:大手の取引所にない仮想通貨が多くラインナップされている取引所
HitBTC

Yobit

特徴:草コインが多く、無料でコインがもらえたり独自のサービスを提供する取引所
Yobit

フォローする