Airdrop(エアドロップ)とは?簡単に仮想通貨が貰える方法 | 仮想通貨・ビットコインの教科書

Airdrop(エアドロップ)とは?簡単に仮想通貨が貰える方法

Airdrop
☆☆☆☆☆
評価:4.32427

最近、タイムラインで「Airdrop」という言葉を聞いたことはありませんか?あまり聞き慣れない言葉ですが、直訳すると「空から落ちてくる」・・・

この記事では仮想通貨でAirdropに参加する方法と、Airdropに漏れなく参加するために情報を集める方法をご紹介します。Airdropだけで数百万円分のBitcoinを手にいれた人もいるのでどんどんチャレンジしてみましょう!

Airdropとは仮想通貨をもらうこと

Airdropとは簡単な登録やTwitterでの通貨の紹介やリツイート等の条件を満たすとその仮想通貨が貰えることを指します。ICOのように事前に仮想通貨を送ったりする必要もなく簡単なものであれば登録だけで後日もらえるので昨年末から密かに人気が出ているのです。

仮想通貨取引所に上場すればbitcoin等に変えられる

Airdropで貰った時はどこにも売却できない場合が多いですが、先日Airdropを行ったIOST(IOStoken)はその後binanceに上場し売却することができました。

また、既にBinance上場済みの「Aelf」もAirdropを実施しているのでもらったらすぐに売却することもできますし、そのまま持っておくこともできるんです。

Airdropの参加方法

仮想通貨のAirdopに参加する方法は様々ですが、基本的には
・Twitterアカウント
MEW(https://www.myetherwallet.com/)で作成したウォレットアドレス

などを登録することで完了してしまいます。作業時間としてはものの5分くらいですね。

その他には少し手順が複雑だったり、登録した後に抽選制だったりするものもありますが、まずは簡単にもらえるものから参加してみるといいでしょう。登録が完了してからだいたい即日から遅いものだと1~2ヶ月後には付与されますが個別には連絡が来ないので自分で管理しておきましょう。

Airdropの探し方

Airdropは今かなりの数実施されていて気づくのが遅れてしまうと募集が終わっていたりとついチャンスを逃してしまいます。まずはTwitterでAirdropを検索してみましょう。海外の情報が多いですが日本語の情報もあります。


今すぐ登録したい国内仮想通貨取引所3つ

QUOINEX

特徴:ICO通貨QASHが高騰中!


取り扱い通貨
Bitcoin(BTC),BitcoinCash(BCH),Ethereum(ETH),QASH(QASH)
※NEM,XRP取り扱い予定!

Zaif

特徴:NEMやMONAなどの人気トークンが買える!

取り扱い通貨
Bitcoin(BTC),BitcoinCash(BCH),Ethereum(ETH),NEM(XEM),MONA(MONA),Zaifトークン(ZAIF),PEPECASH(PEPE),XCP(XCP)他

bitflyer

特徴:取引ツールが充実!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今話題のアルトコインが買える海外の仮想通貨取引所

binance(バイナンス)

特徴:1月7日より新規登録再開!(1日の登録上限あり)
BINANCE

Kucoin(クーコイン)

特徴:これから価格上昇が見込めるアルトコインが豊富
Kucoin

HitBTC

特徴:大手の取引所にない仮想通貨が多くラインナップされている取引所
HitBTC

Yobit

特徴:草コインが多く、無料でコインがもらえたり独自のサービスを提供する取引所
Yobit

フォローする